上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rubyの変数への代入は「オブジェクトを参照すること」

Rubyの勉強を始めて最初に混乱したのは、変数の概念はPHPのポインタに近いということ。
例えば、

a = 1
b = a
a = 2


PHPで同じように処理した後のbの値は「1」になりますが、Rubyの場合は「2」になります。
これは2行目が「bはaと同じオブジェクトを参照する」という意味になるためです。
つまり、PHPでRubyと同じような結果を出すプログラムは、

$a = 1
$b =& $a
$a = 2


となり、Rubyの変数の概念はPHPでいう参照型に近いと感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。