上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規表現でn番目にマッチした文字を取り出す

以下の処理を行った後のn番目にマッチした文字$nはそれぞれどうなるか調べてみました。

>> /((a(bc))(d))/ =~ "abcd"
=> 0
>> $1
=> "abcd"
>> $2
=> "abc"
>> $3
=> "bc"
>> $4
=> "d"


abdc → abc → bc → dと、外側の括弧から順にマッチしているのが分かります。

ちなみにirbの場合、$0は「irb」になっていました。
$0はRubyコマンドの引数を示すもので、irbは実は「irb.rb」というRubyのプログラムなので、「irbを起動させること」=「ruby irb」と同じになるためと思われます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。