上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacのXAMPPにEthnaをインストールしてみた

テンプレートエンジンにSmartyを利用したPHPフレームワークのEthna、調べてみるとPEAR経由でインストールできるようなので早速インストールしてみました。

●インストール
 インストール方法は公式サイトに書いてあるように、以下のコマンドだけで、Ethnaとそれに依存するSmarty、simpletestも一緒にインストールされます。

$ pear channel-discover pear.ethna.jp
$ pear update-channels
$ pear install -a ethna/ethna

インストール後にXAMPPのpearフォルダを見ると、
Ethna、Smarty、simpletestのフォルダが出来ています。
/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/pear

Ethna:ダウンロード



●ethnaコマンドを使えるようにする
 XAMPPのPEAR経由でインストールした場合、ethnaコマンドは、
/Applications/XAMPP/xamppfileslib/php/pear/Ethna/binにある「ethna.sh」です。
このファイルを開いて、一番上に以下のようにphpバイナリのパスとEthnaのパスを追記します。

PHP_COMMAND="/usr/bin/php"
ETHNA_HOME="/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/pear/Ethna"


さらに、.shを外して、パスの通っているフォルダにシンボリックリンクを置くと、いつでも利用できて便利です。

$ mv ethna.sh
$ cd /usr/local/bin
$ ln -s /Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/pear/Ethna/bin/ethna ethna



●サンプルを動かしてみる

$ ethna add-project -b /Applications/XAMPP/htdocs/Ethna/sample sample
※EthnaフォルダはEthna用に作ったフォルダです。

Ethna:アプリケーション構築手順(1)


これで、sampleフォルダの中に以下のフォルダが自動生成されます。

.ethna etc log template
app lib schema tmp
bin locale skel www


http://localhost/Ethna/sample/www、にアクセスすると、以下のエラーが沢山。。

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in 〜


調べたところ、このエラーはPHP5.3の場合に表示されるものだそうで、php.iniを以下のように書き換えればこのエラーが表示されなくなります。

error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED


無事、サンプルが表示されました。
Ethnaサンプル
フレームワークがPEAR経由でインストールできるのはお手軽でいいですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。