上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CakePHPをインストールしてブログチュートリアルに挑戦

MacのXAMPPに、フレームワークの中でも一番お手軽と言われている「CakePHP」を入れて、ブログチュートリアルに挑戦してみました。
CakePHPのオンラインマニュアルの嬉しいところは、「ブログチュートリアル」に沿って開発していくと、データベースと連携した簡単な更新管理システムが作れてしまう点です。

【参考】
CakePHPブログチュートリアル

上記ページに沿って試した際の注意点などを書いておきます。

●CakePHPをインストール
せっかくなので、gitを使ってリポジトリから。

$ git clone git://github.com/cakephp/cakephp.git

Cloning into cakephp...
remote: Counting objects: 117664, done.
remote: Compressing objects: 100% (23338/23338), done.
remote: Total 117664 (delta 94311), reused 114520 (delta 92321)
Receiving objects: 100% (117664/117664), 14.95 MiB | 1.08 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (94311/94311), done.


私は、/Applications/XAMPP/htdocs/cakephpに置きました。

●ブログチュートリアルを始める前に
http://localhost/cakephpにアクセスしてみてください。
以下のようにいろいろ警告や注意が表示されると思います。
CakePHP初期画面
これは、まだcakephpの環境設定が終わっていない状態だからです。

●ブログデータベースの作成
データベース、テーブル、フィールドの照合順序を「utf8_unicode_ci」にしておかないと、日本語が文字化けしますのでご注意。

●Cakeのデータベース設定
CakePHPのデータベース設定用ファイルは、app/config/database.php.defaultにあるので、これをコピーして利用します。

$ cp app/config/database.php.default app/config/database.php

database.phpの設定内容は、先ほど作成したデータベースに合わせます。



●追加の設定
設定1:パーミッションの設定

Warning (512): /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cakephp/app/tmp/cache/ is not writable
Warning (512): /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cakephp/app/tmp/cache/persistent/ is not writable
Warning (512): /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cakephp/app/tmp/cache/models/ is not writable


CakePHPをインストールするにはcakephp/app/tmp含むtmpフォルダ内全てに書き込み権限が必要です。
Webサーバーのユーザー名を調べて、ディレクトリにそのユーザーの所有権をを与えるのが一番と書かれてあるので、Webルートに以下の内容を書いたwhoami.phpを作成して実行し、

<?php echo `whoami`;?>



表示されたユーザー名でtmpフォルダに所有権をもたせます。

$ cd /Application/XAMPP/htdocs/cakephp
$ chown -R nobody app/tmp



設定2:セキュリティパスワードの変更

Notice (1024): Please change the value of 'Security.salt' in app/config/core.php to a salt value specific to your application
Notice (1024): Please change the value of 'Security.cipherSeed' in app/config/core.php to a numeric (digits only) seed value specific to your application


Noticeですが気になるので設定しておきます。
デフォルトのままだとダメということなので、デフォルトの文字列を適当に削ったものでもOKです。

$ vi app/config/core.php

Security.saltと、Security.cipherSeedに設定してある文字列を適当に変更してください。



ここまで設定して先ほどのページにアクセスすると、WarningとNoticeが消えています。
CakePHP初期設定完了

後は書かれてある通りにファイルを作っていけばOKです。
完了するとこのようなものが出来上がります。
CakePHPブログチュートリアル完成
タイトルクリック、Add Post、Edit、Delete、それぞれちゃんと動くかの確認を忘れないでください。

CakePHPはMVCモデルに忠実な造りになっていて、それぞれのファイル同士の繋がりやデータベースとの連携も把握しやすいという印象を受けました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。