上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rubyのif判定文

PHPのif文はこうです。

if ($num == 3) {
 echo "3です¥n";
} else if ($num == 2) {
 echo "2です¥n";
} else
 echo "2,3以外です¥n";
}


Rubyのifはこうなります。

if (num == 3) then
 puts "3です"
elsif (num == 2) then
 puts "2です"
else
 puts "2,3以外です"
end


「if 〜 then」、Visual Basicのようですね。
Rubyでは「else if」は「elsif」になる点、注意が必要です。
「then」「(」「)」は省略してもOKですが、最後の「end」は省略できません。

あと、PHPで以下のように書くと「$iに1を代入したものが「真」の時」という意味になり、if文の中で数値が代入されてしまい、正常に判定できませんが、Rubyで同じように書くと警告がでます。

【PHP】
if ($i = 1) 〜 # 必ず「真」になる

【Ruby】
if i = 1 〜 # worning: found = in conditional, should be ==


Rubyのエラーはとても親切だと思うのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。