上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rubyの変数と定数の付け方

Rubyには、ローカル変数、 インスタンス変数、 クラス変数、 グローバル変数、 定数があり、それぞれ命名規則があります。
Rubyリファレンスマニュアル:変数と定数

ローカル変数

アルファベット小文字または"_"で始まり、2文字目以降は英数または"_"


インスタンス変数

@で始まる


クラス変数

@@で始まる


グローバル変数

$で始まる


定数

アルファベット大文字で始まる


これらはRuby特有のルールですね。
このような命名規則があることで、プログラムを見た時に理解しやすいのはRubyの特徴ですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星羽(榎田)

Author:星羽(榎田)
PHPエンジニアがRuby、PHPなどをいじった時の備忘録

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。